モニタリングシステムを用いた点検ワークフローの開発、実証評価

モニタリングシステムを用いた新たな点検ワークフローを構築するため、計画、事前調査、作業要領検討、指示、実施、審査等の各工程において発生するであろう作業や情報流通について分析しています。このため、従来の作業フローや現在障害となっている問題、技術ニーズ等の調査も行っています。さらに、点検作業に要した工程毎の時間や作業員数などの数値データをもとに効率性やリスクを評価し、改善すべき事項を明確化し、実証を重ねながら業務効率向上に向けたガイドラインやノウハウを開発し、これをドキュメント化することを目指しています。