経年変化モニタリング技術の開発

点検年度毎の同一部分のひび割れ状態を比較可能とするため、データの対応部分を自動検出して容易に比較可能とするモニタリング機能を開発しています。